a

イベント情報

2022年(令和4年) 予定イベントのご案内

「華や」の今年初イベントは都合により7月からになりました。申し訳ありません。7月から9月は「アジアの染め織り布・クラフト」です。7月は5日(火)~10日(日)、12日(火)~17日(土)、19日(火)~23日(土)までの17日間です。(11日(月)、18日(月)は休業日)
8月9月は国を追加した「アジアの攻め織り布・クラフト」のシリーズを予定しています。


トルコのキリム、クッションカバー、額入りタイルほか

イランの更紗、人形ほか

ウズベキスタンの手刺しゅう布、クッションカバー他

インド
タペストリー、バッグ

インド
ステッチ・刺しゅう布、
クッションカバーほか

中国新疆ウイグル自治区
アトラス布(絹絣布)

日本の作家・陶磁器

日本の作家
人形とアジアの人形

日本の作家・漆器

2022年(令和4年)イベントご案内 8月

「アジアの染め織り布・クラフト」

-インドネシア、インド、ミャンマー、ラオス、タイほか-

会場:くらしの工芸雑貨 華や (盛岡市新庄町3-13)
期日:8月9日(火)~27日(土)11日間 、15日(月)~22日(月)は休業日です。
時間:各日午前10時~午後5時
問い合わせ:華や (TEL/FAX:019-652-8783)

7月に続く8月の「アジアの手仕事、染め織り布・クラフト」です。アジアの国々の手作り品を入れ替えての展示販売です。
インドネシアはジャワ島、バリ島のバテック(綿、絹地のろうけつ染め)布やスカーフ、独特な織り柄のスンバ島やロンボク島、フローレス島、ティモール島のイカット(綿地の織り)布、お面、木彫り、小物入れなどを。インドは楽しい柄のカンタ(刺繍)布、木版更紗布、木彫小テーブルなどを。ミャンマーは絹織り布、繊維な漆キンマ盆を。ラオスは畑などで働く絵柄ステッチタペストリー、絹織りパービアン(肩掛け)、絹と紙地織りの反物などを。タイは麻地草木ろうけつ染めの反物、絹・綿織り布などを。ほかにカンボジア、日本の陶磁器などです。全商品割引価格です。コロナ禍のご来店になりますが店内でのマスクの着用、手洗いなどにご協力をお願いいたします。

2022年(令和4年)イベントご案内 7月

「アジアの染め織り布・クラフト」

-ラオス、タイ、ミャンマー、インドネシア、インドほか-

今年初めての催事です。7月の「アジアの染め織り布・クラフト」はラオス、タイ、ミャンマー、インドネシア、インド他です。
ラオスは草木染と織りで高名です。絹と紙で織り込んだ帯地、その生地で仕立てた名古屋帯、絹地織りの肩掛け(パービアン=ショール、スカーフ、タペストリーなどに利用可)、モン族のステッチタペストリー、草木染の糸ほか。タイは藍ろうけつ染めの反物(のれん、タペストリー、ゆかた帯に利用可)、古陶器(レプリカ)、アユタヤの籠、小物入れほか。ミャンマーは絹織り布、漆絵盆・漆器ほか。インドネシアはジャワ島、バリ島を主に伝統のバテック(ろうけつ染め)の布やスカーフ、イカット(織り)布、木彫お面、小物入れほか。インドは染めや織りのサリー、刺しゅう布、象嵌椅子、額縁ほか。またカンボジアは絵絹絣布(タペスタリー、ショールなどに利用)。ベトナムは刺繍バッグ。ほか衣料、アクセサリー、小物雑貨などです。全商品割引価格です。
コロナ禍のご来店になりますが店内でのマスクの着用、手洗いなどにご協力お願いいたします。

2021年(令和3年)イベントご案内 12月(終了しました)


「令和3年末 感謝セール」
―全商品割引価格―

会場 くらしの工芸雑貨 華や(盛岡市新庄町3-13)
期日 12月7日(火)~12日(日)、14日(火)~18日(土)
*13日(月)は休業日
時間 各日 午前10時~午後5時
問合せ 華や(TEL/FAX:019-652-8783)

日本の陶磁器、漆器、人形やアジアの布、生地、衣料、スカーフ、ショール、クッションカバー、ラグ(敷物)、バッグ、ランプ、カレンダー、小物雑貨ほかです。
今年最後の全商品割引価格で販売いたします。見て、触れて、お気に入りをお選びください。

2021年(令和3年)イベントご案内 11月(終了しました)


「岩手出身作家ほか陶磁器と人形、漆器」
―村上世一、照井一玄、太田幸博、佐々木端瑛、沼宮内フサほか―

会場 くらしの工芸雑貨 華や(盛岡市新庄町3-13)
期日 11月9日(火)~14日(日)、16日(火)~20日(土)
*15日(月)は休業日
時間 各日 午前10時~午後5時
問合せ 華や(TEL/FAX:019-652-8783)

岩手出身作家は陶器の村上世一(むらかみよいち)さん―二戸市金田一生まれ、宮城県金成町に築窯―、太田幸博(おおたゆきひろ)さん―盛岡市 生まれ、栃木県益子町に築窯―、故・佐々木端瑛(ささきたんえい)さん―喜雲寺住職・盛岡市玉山で作陶。磁器の照井一玄(てるいいちげん)さ ん―花巻市東和町生まれ、佐賀県有田町に築窯。 上記の方々を中心に花器、皿、抹茶碗、他を。漆器は浄法寺漆椀、宮城県工房の漆皿他を。また創作人形の沼宮内フサ(ぬまくないふさ)さん―盛 岡市で教室を主宰、現在は教えていない―は和人形、アジアン人形を、加えて台湾、インド、イラン他のアジアの人形を展示販売します。 作品を見て、触れていただき、お気に入りをお持ち帰りください。全商品割引価格です。


故・佐々木さん作品

沼宮内さん作品

照井さん・村上さん・太田さん・豊原さん作品

2021年(令和3年)イベントご案内 10月(終了しました)


「 アジアの手仕事、染め織り布・クラフト 」
― トルコ、ウズベキスタン、イラン、アフガニスタンほか ―

会場 くらしの工芸雑貨 華や(盛岡市新庄町3-13)
期日 10月5日(火)~10日(日)、12日(火)~16日(土) 11日間
*11日(月)は休業日です
時間 各日 午前10時~午後5時
問合せ 華や(TEL/FAX:019-652-8783)

5月から始まった「アジアの手仕事、染め織り布・クラフト」はシリーズ最終になります。
10月はトルコ、ウズベキスタン、イラン、アフガニスタンほかの染め織り布や民工芸の手仕事品展示販売会です。トルコ、イラン、アフガニスタン のラグ(敷物)、イランの型染め布、トルコの額入りタイル、ランプや鋳金入れ物、ウズベキスタンの刺しゅう布、ほか民工芸雑貨などです。
染め織りや民工芸雑貨の手仕事の品々を見ていただきたいと思っております。全品割引価格です。手に取ってお気に入りをお持ち帰りください。


イラン、トルコ、アフガニスタンのラグ(敷物)

イラン、トルコの民工芸品

イランの毛織物と人形、ウズベキスタンの手刺しゅう布とクッション

メールお問い合わせをする